ダンシング速報

ダンスに特化した速報

Uncategorized

一度見たら忘れられない!驚異の民族舞踏・グルジアンダンス

▼まずはこちらの動画をどうぞ

踊っているのは、グルジアの国立バレエ団" Sukhishvili"です。バレエ団だから、では収まりきらないキレッキレな舞踏。

グルジアバレエの男性ダンサーは、世界で唯一、爪先で(バレエで言う所のon Pointe)踊る男性とのこと。

男性は高く飛び、空中で回転、爪先立ちなどで勇敢さと技能をアピールし、女性は背筋を伸ばし、腕を水平に伸ばし優雅に踊る。

グルジアの人々は踊りが好きで、バレエダンサーの宝庫でもあるらしいです。

ここまでみんな素晴らしいと最初から最後まで心地好い https://t.co/cHOJYZInkv

目の回りそうなスピード感。でも乱暴じゃなく美しい動き! https://t.co/UEeKZK8Mmv

▼衣装について

出典gntb.jp

男性の衣装が「チョハ」、女性は「カバ」と言います。この衣装の気持ちいい翻りっぷり。

かつては戦闘服としても着られていたため、胸の部分に弾帯がついていますが、これが衣装の良いアクセントとなっています。

女性用の伝統的な衣装も、地方などによって様々なデザインのものがありますが、どれも非常にファンタジックで美しいのが特徴。男性用と比べて色鮮やかなものが多く、長いドレスに独特なデザインの上着を合わせ、幅広のベルトを長く垂らした形が多く見られます。

▼音楽について

コーカサスの山岳民族から受け継がれてきたポリフォニーはグルジアの伝統音楽として有名。コーカサスの口承文芸は2500-3000年前には生活に定着していたと言われている。ポリフォニーとは、複数の異なる動きの声部(パート)が協和しあって進行する音楽のことで、合唱の原点ともいわれている。西洋と東洋が融合したような独特の音階とリズムが特徴。ポリフォニーは2001年ユネスコ の「人類の口承による無形文化遺産」に登録されている。

▼さらにいくつかの動画

-Uncategorized